2012年08月05日

堂々とひきこもり生活

どうも!妻です。せっかくカテゴリーをひきこもり主婦に移動したので、ひきこもり暮らしについて書こうと思います!ひきこもり生活をしている自分を責めちゃう人がいたら、ぜひ読んでくれると嬉しいです。

正直、私はひきこもりが楽しくて仕方がない(笑)

私の父は旅行が大好きで、会いたい時には日本にいない人なんだけど(たまに困る(笑))。世界の各地を巡っていて、その感動を味わいたくて旅してる人。まるで背中に羽が生えてるみたいに、飛び立たずにはいられないみたいです。

もし、父の背中に羽が生えてるんだとしたら、私は心に羽が生えてるんだと思う。心の中を旅しては、感動を味わってる。私は自分の内側にある世界が、楽しくて仕方がないのです。それを充分に味わいたい。心の中の風景は写真が撮れないから、その代わりに絵を描いたり、漫画を描いたりするんだなーと思います。

昔っから、この心の旅をしたくてたまらなかった。でも、昔はそれをしてOK!っていう許可を出せなかったんだよね。生きるためには、勉強して大学入って就職して…っていう、レールに乗らなくちゃいけないって思い込んでた。サラリーマンになってからも、「もう大人なんだから、生きるためにはお金を稼がないと!必要なことでしょ!」って言い聞かせてた。私はもう本当に負けずぎらいなので、ありとあらゆることに努力してたんだけど、今みたいな満足は出来なかった。「人に評価されたい、認められたい」が、私の望みだったからね。他人が主軸で、自分の魂の喜びはどっかにやっちゃってたから。

でも、今は違うんだな〜。

「生きるためにはお金を稼ぐ必要があるというけど、正直になっていない自分をごまかすことにばかり夢中で、ごまかすためのお金を必要としていただけじゃないか。」

と、気がついたから。
(もちろん今もごまかしちゃう時もいっぱいあって、それが無駄遣いと直結してるorz)

幸い、今はお金を稼ぐことも出来てるけども、もし、これで死ぬようなことがあっても全く後悔しない自信があるよ。この心の旅を味わいたくて、それを形にしてるだけで本当に幸せだからね。「人から評価されなきゃ意味がない」と思ってる人からしたら、理解不能だと思うんだけど(笑)でも、大丈夫!!その人の分まで、私が心を旅をするからいいの!心はつながってる。その証拠に、人の言動に傷ついたり喜んだり出来るでしょ。もし誰かの言動に傷つくことがあったなら、その傷を、悲しみのストーリーを私が書き換えることが出来ると思うんだ。それは、まるで、感情の供養だよ。震災でお坊さんがガレキの山にお祈りして、傷ついた魂を供養する写真を見たことがある?それと一緒のことだと思うよ。他の人の傷ついた感情を供養していていくことが仕事です。その仕事はとてもやりがいがあるし、それは一生をかけるに値することだと思っています。世界はとても傷ついてる。


私は今年、妊娠してた時期もあった。その間は、赤ちゃんの命を守ることが私のしたいことだった。「赤ちゃんが順調に育ってる!」っていうことに、ただただ嬉しかったし、赤ちゃんを大切にしようとしてくれる周りの方々の気持ちが嬉しくて、私は本当に幸せでした。

だけど、赤ちゃんが目を開くことなく、天国に帰っていった時。
私は赤ちゃんに教えてもらったよ。

今、やってみたいことがちゃんと出来て、魂が喜んで、感動を味わえたらもうそれでいいんだと、そのために生まれて来るんだと。赤ちゃんはこの世の入り口までだったけど、それでも充分に生きたんだから。それはきっと赤ちゃんが決めたこと。
「あなたの今回の旅行は、短期留学みたいなもんだったんだね。ちゃんと今回の旅行でやりたいことが出来て、気が済んだんだね。」って思ったんだ。
おまけに天国に帰る時、私の病気も持って行ってくれて、私が祖末にしていた命の大切さを教えてくれて、私の魂を癒してくれて、もう本当に感謝の気持ちでいっぱい。だから、やっぱり自分に正直でいいと思うのよね。家の中が幸せなら、それで充分。あなたにはあなたの価値がある。人と一緒の価値じゃ、つまらないじゃない。

漫画とか、絵を描いたあとに、真っ白になることがある。「出し尽くした〜〜、空っぽだ〜〜〜」って。そんな時は、もう自分は死ぬんじゃないかと思うぐらい(笑)やり尽くしたから幸せで。これからも私は堂々とひきこもろうと思っています。心の風景をバッシバッシと写真に撮ろうと思います。もし、心の旅行に飽きて、いっつも真っ白になってしまったら、そん時は、外に出て、近所のばあさんと世間話でもしようと思います。今は世間話にほとんど興味がないけど、やりたいことをやり尽くしたあとなら、世間話も楽しいだろうな。

旅をしてるとヒヤッとするような瞬間も多々あると思うけど、心の中の旅だったら、ヒヤッとしても何度だって書き換えが可能だよ。だから私も漫画を書く、日記を書く。私たちには想像力がついてるから、勝手に幸せなイメージに書き換えちゃえばいいんだもん。何も物質的に起こってることだけが、現実じゃない。インターネットが実態がないみたいに、本当はこの世界だって何も実態なんてない。あるのは、意識だけだ。怖くて怖くてたまらないストーリーがある時は、それを見るのは勇気がいる。でも、世の中にはホラー映画が大好きな人たちもいっぱいいるぐらいだからね、そのストーリーが悪いってわけじゃないんだよ。もしそのストーリーの結末が幸せじゃないなら、ぜひぜひ、幸せな結末に書き換えてね。失敗しても大丈夫だよ。無料だし何度だって行ける!!

そのストーリーを、私は観たいです。他にも観たい人はきっといる。世界を供養する同志として、私はみんなと一緒にいます。だから、大丈夫!

届くかな?届いてないかな?わけわかんない?そしたら、ごめん。届けられるようにもっと頑張る(笑)読んでくれて、ありがとう〜〜!!!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
posted by スタジオ2ひき at 08:39| Comment(0) | 日記